本文へスキップ

研究グループ  

研究グループ一覧

(※リンクはPDFファイル)

  研究タイトル 世話人 研究期間
1 日韓海洋ごみモニタリング計画 藤枝  繁
小島 あずさ
2005年6月〜2007年3月
2 国際物流と大阪湾沿岸域の活性化に関する研究 黒田 勝彦
木俣 順
2006年4月〜2008年3月
3 外洋の「海辺づくり」、絶滅危惧種ハマボウフウの回復、防風林の里山利用 平塚 四郎 2006年6月〜2008年3月
4 高い経済成長の渦中にあるベトナムの沿岸域開発の記録と環境・防災問題 高木 泰士 2007年6月〜2009年3月
5 沿岸域のワイズユースとルール化に関する研究 小野 征一郎 2007年6月〜2009年3月
6 西日本の砂浜海岸の遷移状況および生態系を基準とした分類作業 亀崎 直樹 2008年6月〜2009年5月
7 グローバル競争時代の沿岸域空間の活用に関する研究 黒田 勝彦
木俣 順
2008年4月〜2010年3月
8 海岸・沈水カルストを含む沿岸域洞窟地形の保全と海水準変動の編年に関連する研究
〜海食洞・岩屋・海底洞窟の総合調査〜
真部 広紀 2009年4月〜2011年3月
9 都市臨海部における渚空間創出の具現化に関する研究 重松 孝昌 2009年6月〜2011年3月
10 ムラサキイガイ回収による環境改善効果の評価 村田 武一郎 2009年6月〜2010年3月
11 ソーシャル・マーケティング手法を用いた海洋ごみ発生抑制とその評価手法の開発 藤枝 繁 2010年6月〜2012年3月
12 海洋漂着プラスチックによる沿岸域の汚染状況の調査研究 佐藤 秀人
山本 和清
2011年6月〜2013年3月
13 ベトナム南部沿岸域の災害脆弱性の評価と防災啓発 高木 泰士 2012年6月〜2014年6月
14 条件不利地域における海洋空間利用による空間拡張方策に関する調査研究 畔柳 昭雄 2012年6月〜2014年3月
 15 蛍光撮影技術へのリンクを生かした海洋生物イメージングとモニタリングへの応用 古島 靖夫  2013年6月〜2014年6月 
 16 災害廃棄物等の海域処分に関する研究   鈴木 武 2013年11月〜2014年12月 
 17 大阪湾に対する市民の意識調査―海側と山側の地域差に着目して―  大塚 耕司  2014年10月〜2016年3月
 18 赤潮による漁業被害に関する補償の仕組みと課題  脇田 和美  2014年10月〜2015年10月 
 19 沿岸の災害復旧と復興における複数管理者間での調整の課題と解決の展望  清野 聡子  2014年10月〜2015年3月 
 20 新たな社会状況下におけるウォーターフロント開発の評価とそのあり方に関する調査研究  横内 憲久 2015年4月〜2017年3月
 21  多波長励起による簡便な蛍光撮影装置は,海洋生物のイメージングとモニタリングのツールになり得るか?−環境影響評価のためのツールをめざして− 古島 靖夫  2016年6月〜2017年6月


日本沿岸域学会事務局

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-1-10
第2虎の門電気ビルディング3.4階
一般財団法人みなと総合研究財団内
TEL.03-5408-8295
FAX.03-5408-8741
info@jaczs.com